特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

フランス探訪①:成田~飛行機~パリ!

フランス探訪第一弾!

これから、始まる事になりますフランス探訪シリーズ

小さな町工場であります船堀の家具屋がどうやってフランスかぶれになったのか!?

振り返りながら紹介していきます。

「も~いいよ!フランスの話は!」と確実に聞こえてくると思いますが・・・

構わず行きます!

 

 

それでは、はじまりはじまり~!

 

 

まずは、成田空港からフランスに到着するまでのお話しを!

 

皆さん集合です

円をユーロに換金します

 

なんでも始まりの時とはドキドキするもんです!

日本円をユーロに変える時も、いくら変えようかな~とキャッキャしておりました。

しかし・・・遊びに行く訳ではないのでフランスでの食費ぐらいあればいいかぁ

と言う事で、5万円ほど換金することに。

 

ユーロを握りしめた私はいよいよ飛行機にチェックインするのです。

ここで一つ問題が・・・

機内に預ける荷物は一人20キロまでと決まっているのです。

私のトランクには、展示会で配布するカタログが200部入っている為

確実に、重量オーバーしています。

その重さおよそ32キロ!!

超過料金に関しては、事前にわかっていたものの受付で笑顔で応対すれば

サービスしてくれるだろう!といい加減に考えるわけです・・・

 

いざ!チェックインの時、案の定超過料金を請求されます。

・・・9200円

何とかならないものか?と受付の女性に聞いてみる。

 

私:「笑顔でチェックインすれば超過料金サービスになるって聞いたんですけど?」

受付嬢:「ハイッ!?それではお荷物お預かりできません!」

私:「・・・そうですか」

 

あえなく撃沈する私・・・

皆様もトランクに荷物を積んでいる為、超過料金がかかってしまいました。

仕方なく、超過料金を支払う事に・・・

しかも、手荷物が二個になったので更に追加で5000円ほど飛んでいきました!

 

もし超過料金を取るならば!

荷物が軽ければ料金割引サービスしてくれよ!と八つ当たりのように考える!

さらに!預ける荷物は重さ制限があるのに、手荷物については重さ制限が無い!

これはこれで意味不明!

持ち込めるサイズは決まっているが、重量の制限は無い!

これは~合点がいきませんね~!

 

しかしもっと考える。

荷物には超過料金がかかるのですが、人間の体重には超過料金がかからないようです。

もし・・・かかってしまったらッ!?私は大変な事になってしまいます。

ホッとしている場合ではありません。

 

ホッとしている間に・・・

いよいよ出国致します

 

出発時間が1時間も短くなり、機内に搭乗手続きを促すアナウンスが連呼する中

慌てて搭乗手続きをするtobi一行!かと思いきや

一服したりコーヒーのんだりとゆったりしております。

トップブランドtobiですから、慌てません!ゆったり優雅に搭乗いたします

エコノミークラスに・・・

 

そしていよいよ飛行機が飛び立ちます!

日本からフランスまでのフライト時間は12時間!およそ半日・・・

かなりの長旅です!しかもエコノミークラス

実に狭いです・・・

エコノミー症候群を気にしながら飛行機は飛び立つのです。

 

 

機内から富士山を食い入るように見るフランス人のアテンダント

 

12時間のフライト・・・何しましょ!

苦痛の時間であります。

セルフサービスコーナーに行き軽く酒宴を開いてみたり

カップラーメン食べてみたり

映画見てみたり

寝てみたり

・・・

ようやく到着です。

 

ここで、まさかのトラブル発生です!

空港の荷物を運び出す人たちがこのタイミングでストライキを実施中で・・・

  

荷物がきません・・・

 

「ストライキの影響で空港は混乱しております」とアナウンスが流れてきています

あれだけ、荷物が重量オーバーとかいって超過料金を請求したのに!

荷物が届かないとは何事か!!

日本だったら文句の一つでも言ってやりたいところですが

フランスに到着したばかりなので、大人しく荷物を待ち続けました・・・

 

そんなこんなで、フランス出発の日

そのほとんどは空港と飛行機の中で過ごしたのであります。

 

 

 

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします。

ランキングに参加しています!
ワンクリックに御協力お願いします!

 

 

 ↓ 下の奴です!ど~か押してやってください!

 
  ← これです押してやってください!

 

 ↑ 上のバナーをお願いします!クリックしてみてください

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

*

* コメントフィード

トラックバックURL: http://morishita-1910.jp/blog/2011/01/%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e6%8e%a2%e8%a8%aa%e2%91%a0%ef%bc%9a%e6%88%90%e7%94%b0%ef%bd%9e%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f%ef%bd%9e%e3%83%91%e3%83%aa%ef%bc%81/trackback/