特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

㈱森下の出来事

ユーチューバーになりたい#45『目地払い機で小口処理』

 

 

 

 

 

今回の動画は小口に貼られた挽き板を目地払い機で仕上げているところです。

小口に挽き板で仕上げる仕事は一時期少なくなってきましたが

ここ最近はまた増えてきております。

 

簡単そうに見える作業ですが目地払い機を水平に移動させなければならないので

ちょっとでも手元がブレたりするとそのまま挽き板にブレが出てしまうという

基本的な作業なんですが意外に繊細なんですよ。

 

 

今回の動画はYouTubeのショート動画っていうやつにしてみました。

何が違うのかはさっぱりわかりません。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

若手がメインで取付します。

いつもは私となんも専務の二人で取付に行くのですが

今回は5年目の社員と3年目の社員の4名で取付に行ってきました。

 

普段の現場作業は補佐業務がメインの若手職人ですが

今回はなんも専務が補佐的な役割に回り若手二人がメインの作業をする

初めての現場になります。

 

ちなみに私は運搬要員で取付作業中は撮影係になります。

ペンより重いものが持てないので作業が始まってしまえば戦力外です。

現場では極力じっとしているように心がけております。

 

 

レーザーの使い方を教わりながら

水平を出しています。

ガラス扉の取付中

 

 

今までは指示を出されて言われた作業をやるだけでしたが

今回は現場での考え方・動き方を中心に教えられながら作業する。

 

「そこの寸法が一番高いって言う事は…どういうこと?」

「そう!だから…どうしなきゃいけない??」

「なんでよッ!?…そうでしょ?だから??」

 

みたいな感じ。

もう数年したら彼等が現場のメインになるわけですから

こういう機会を大事に学んでもらいたいと思います。

 

 

20代の成長こそ会社の成長でございます。

未来の森下は彼らにかかっているのでありますッ!!

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

検温器導入

姉崎工場は船堀本社や千葉東工場とちがい人の出入りが多いので

今更感はあるんですが4月から出勤時に検温をすることにいたしました。

 

 

 

 

緊急事態宣言解除後早々に感染者も増えてきております

ワクチン接種もいつになる事やら

取引先にも感染者が出たと連絡が入ることもしばしばです。

 

これにどれだけの意味があるのかはわかりませんが…

やれることはやっていきたいと思っております。

 

ちなみに私の温度は36℃でした。

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!