特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

夏の記録:後半

旅の半ばで旅費を使いきる我が家。

計画性の無い思いつきであれもこれもやるからこうなる・・・

 

 

7日目:男2人で

資金を使い果たした我が家・・・この日は家でおとなしくしすることに。

ガールズが姪と遊び大騒ぎ。そうとうウルサイ!!

男一人で長男がつまらなそうだったので近所にあるアメリカンワールドへ行く

実はココ男2人になったときに必ず立ち寄る男同士の秘密の場所。

観覧車に乗ってマリオカートして卓球して午後を過ごす。

31アイスを食べてご満悦の長男。

帰りにケーキを買って帰る。

 

8日目:砂風呂に入る

ガールズはまだ姪と遊び足りないという事で留守番。

長男と私と妻の3人で隣町の砂風呂へ行く。

台風のせいか?午前中客がいなかったらしく砂が激熱ッ!!

「こりゃ~熱過ぎて火傷するかもしれない」といわれながら砂かけられる・・・

熱過ぎっ!!!でも気持ちいい~

昼は長男のリクエストでわんこ蕎麦を食べに盛岡へ移動するも

店到着したらまさかの2時間待ちでわんこ蕎麦断念。

「ちーたん」というジャージャー麺屋に変更

ガールズ不在で寂しいが静かなのはいい。

 

9日目:わんこ蕎麦リベンジッ!

昨日食べられなかったわんこ蕎麦をどうしても食べたいという長男。

今度は予約して花巻の有名なわんこ蕎麦屋へ行く

義姉岩手県民にしてわんこ蕎麦初体験ッ!?

あれだけわんこ蕎麦を推しているくせに岩手県民はわんこ蕎麦食べないらしい・・・

姪もわんこ蕎麦初体験も1杯目で「まずくて食べられない」と言い出す始末。記録0杯ッ!

ツルツルシコシコの蕎麦をイメージしてはいけない!

温かい蕎麦なので柔らかいのが基本らしい。まぁ…好みだけど美味くはない

さらにわんこ蕎麦には厳格なルールがたくさんありあまりにも「あれはダメ!」「これはダメ!」とうるさい

蕎麦屋も稼ぎ時らしく食べ終わったらドンドン片していく…「早く出て行けと言うことか?」

たいして美味くもなく早く出て行けオーラが強い上にとにかくお値段が高い

我が家は二度とわんこ蕎麦行かない💢「ノーわんこ蕎麦宣言」であります。

午後は気を取り直して近所の温泉へ

ぬる目の温泉に長くつかって水風呂に入るを繰返す・・・気持ちいい。

 

10日目:蕎麦リベンジ

まだまだ姪と遊び足りないガールズはこの日もお留守番。

また3人でおでかけ。温泉好きな長男リクエストで花巻の温泉へ行く

花巻で一番ぬるい温泉発見!!日帰り温泉はぬる目の湯に限る!

なが~く入れるしリラックスできる。

昼は花巻で蕎麦リベンジ!!老舗の大畠家でざる蕎麦を食べる。

どうやらわんこ蕎麦発祥の店らしい。

昨日の店も老舗らしいが・・・大違いッ!!しかもお値段チョー安い!!

デザートにと遠野にある「わさびソフト」を食べに行く。

途中機関車に遭遇し興奮する。めがね橋もなかなかでした。

岩手ラストナイトは長男熱望の花火をする。

 

11日目:移動日

昨日ね・・・午前中に岩手を出発。

世間はお仕事ですから朝から仕事の電話がガンガン鳴ります。

渋滞もなくスムーズに進んで那須で昼食

話題の佐野SAで休憩する。本当にレストラン閉まっている。

社長と社員がもめているらしい・・・早く仲直りしてね!

ということで千葉県に入ったところで安心したのか急激な睡魔に襲われるも

岩手を出発して6時間半で到着。

昼と休憩を計算すれば5時間くらいの運転かッ?

 

 

 

 

こうして私の夏休みは終了する。

あれだけ温泉に入って癒されたはずなのに・・・

最終日にどっと疲れが出てくる。

なんだかんだ言って我が家が一番いい。

2019年夏の記録でした。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

夏の記録:前半

今年は神様のイタズラでしょうか??

私が夏休の初日に私担当の大きな物件の出荷があり

私の夏休み最終日に私担当の大事な物件の現場があり

一時は私の夏休みが前後一日づつ無くなってしまうのかッ!?と危惧いたしましたが

「後は頼む作戦」で予定通りお休む。

 

「今年の夏休みは長いな~」なんて思っていたらアッ!!という間に終了です。

相変わらず記憶が曖昧なので整理します。

 

 

 

初日:移動日

我が家の定番夏休みは岩手に帰省。

片道およそ500キロ・・・いつもは東北道を北上するのですが

何故かナビが「常磐道を行け!」というのでいう事を聞いてみる。

いわきまでは順調でしたが問題はその後ッ!!

鬼のような一車線が続く上に工事車両の大行列が低速走行炸裂・・・

いやぁ~法定速度内なのでね・・・問題はないんですがッ!!

フラストレーションがたまる常磐道!!

出発から7時間で到着。昼休憩を考えると6時間くらいの運転か?まぁまぁかな?

それでも次回からは何があっても東北道で行きます!!

 

2日目:岩手初日は定番コースで

いきなり豪雨。

岩手にきたらいつも行く花巻の日帰り温泉に行く。

ココはぬる目のお湯が長時間入るのにちょうどよくお気に入り!

ランチはこれまた定番の南部屋敷で蕎麦を食べる。

 

3日目:イワナ釣り体験

いつも岩手県内なのでたまには秋田へ行って見よう!ということで

秋田県の天下森ふれあい農園にてイワナの釣堀を体験する。

釣堀なのでまぁ~よく釣れる!合計11匹。

釣って捌いて焼いて食べる・・・子供たちからもなかなか好評でした。

その上、釣り代700円の魚代2500円と格安に驚く!

ここもリピート決定です。

帰り際建物内部に蜂の巣があることが発覚。

店員さん蜂と格闘するも刺されるというアクシデント発生・・・

自然の恐さを目の当たりにする。

 

4日目:ヤクルト工場見学

家から30分ほどのところにある岩手ヤクルト工場を見学する。

特典でヤクルト飲み放題くらいあるのかと思いきやッ!?

1本のみでした・・・1日1本が基本らしいので(笑)

昼食は工場近くの農家レストランへ行く。

この店も人気店らしく大盛況。駐車場混雑でえらい目にあう・・・

午後は夏油温泉へ行く。

夕方墓参り。お盆ですから~

 

5日目:田野畑村で一泊

今回のお泊りは沿岸の県北方面に行く

出来立てホヤホヤの三陸道で北上する!

昨年宮古へ行った時は3時間かかった道中もこの道を使えば半分で到着する

その上、復興道路なので無料。

人の往来がしやすいというのは大事な事だなとつくづく実感する。

宮古の魚市場で食事をしてさらに移動して龍泉洞へいく!

数年前に行った時は「暗くて恐い」と言っていた子供たちも

「わぁ~きれ~」とイッチョ前の事言うようになった。

その後、田野畑村に移動して一泊する。

 

6日目:久慈へ

田野畑村は雨のスタート

久慈方面に行こう!ということで三陸鉄道リアス線と併走する道路で北上する。

途中の野田駅で「野田の塩ソフトクリーム」を食べる。

後数分で電車が来るという事で私以外の家族は電車で久慈駅へ

私は一人車移動「父親なんてこんなもんか・・・」と思いながら久地駅へ

久地駅で合流し思いつきで近くの「琥珀博物館」へ行く

体験コーナーで「琥珀のネックレスつくり」で思わぬ出費ッ!?

その後、地元名物の「短角牛」を食す。

この日で旅の予算をほぼ使い切る・・・遊びすぎかッ!?

 

 

 

後半戦へ続く。

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

『空飛ぶタイヤ上・下』

 

 

 

51oYmYu0LVL._SY346_ 51Gn+b6RRAL._SY346_

 

 

 

『下町ロケット』をTVで見て感動していた頃

池井戸潤というひとはロケットの他にもタイヤも飛ばしてたんだ〜

くらいの気持ちで読み始めましたのがこの小説です。

零細企業の社長の心情を面白いくらい描写している

私が読書をするきっかけになった本です。

 

 

 

内容としてはそんな簡単な話ではなく「自動車のリコール隠し」が題材の本。

結構重たい内容です。

重たいけど面白すぎて一気に読める本です。

 

 

 

『名門の名を汚すのはリコールじゃない。不正なんだ。』

 

 

 

という一文は印象的。

隠蔽なんていいはずが無い!と思っていても

いざっ!問題が発覚して『どう対応するかッ!?』

と迫られたら自分ならどうするかッ!?

「これで良い訳が無い!」と分かっていても

会社の都合やらなんやら考え出して色々と天秤にかけてしまうのだろうか?

本当は天秤にかけた時点でアウト~なんだろうけど・・・

 

第三者からみれば「隠蔽は悪」っていうのは当然の話しなんだけど

本当に自分がそういう立場になったらどうするかッ!?

これって小説の中の話だけではなく

いつ自分の身に降りかかってくるか分からない話。

 

登場人物のどちらの立場に立ってもリアルに考えさせられる話し。

 

何が一番大事なのか?をちゃんと理解していないと対応を間違える。

様々な謝罪会見をTVでみてきたが…

いざその時ッ!自分なら何をするかッ!?

その時に冷静な行動を取れる自信が無い…

今冷静な時にメモでもしておこうか?

 

なんか…謝罪するときどうしよう?って話になってますけど

基本的に謝罪のないような会社経営をしていくつもりです。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!