特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

オーダー家具の話

毎度の事なんですが…

今久しぶりに楕円形のカウンターを製作しております。

 

 

 

 

 

 

楕円形はR形状ではないので製作が難しいです。

 

通常なら原寸を引いて型を作って組立ててっていう難易度が高い作業があります。

ベテラン職人が何日もかけてやる作業なんですが

NCがあればデータ送れば勝手に加工してくれるので

骨組みまではサクッと出来ます。

 

サクッと出来るんですが~

NCが抜いた部材の残骸を見て毎回思います。

 

 

 

周りの部分は何かに利用できないものかッ!?

 

 

 

毎度毎度NCで加工されて残った材料を見るたびに

何かに再利用できないものかッ!?と思う次第です。

鉄なら溶かしてもう一度使用できるんですけど

木じゃど~にもならないッ!!

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

エボニーの叫び

 

 

 

 

 

色々な木目があります。

一つ一つは個性なのですこれまでも色々な木目を見てきましたが

なんなんでしょうか…

ちょっと恐怖を感じる木目に遭遇したのは初めてです。

 

テーブルのTOPに使用しようと思いましたが…

食卓にこの木目はトラウマになってしまいそうなので

今回はお蔵入りになりそうです。

 

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

同じなのは年齢だけでした…

本日はお客様の工場検品に同行させていただきました。

お客様が商談している間に私はいろいろと見学させていただきました。

 

 

 

 

工場内は撮影禁止なので写真はこれだけ

 

 

 

当然ではありますが…規模が違います。

工場の広さは姉崎工場の数十倍

従業員の数はモリカグの約10倍

売り上げ規模も当然の事ながらモリカグの数倍

 

一つだけ同じなのは社長の年齢が私と同じ年だっていうことくらい。

学生の頃日本に留学されていたようで日本語ペラペラです。

男前でした…あぁ~そこも共通していたかな?

 

 

中国・ベトナム・マレーシアと競合するために何をしなければならないのかッ!?

今後の展開をどう考えているのかッ!?

日本との労働環境の違いや外国人労働者に関しての法律の違い

自分たちの強みと弱みをしっかり理解されていて

足らない部分はしっかり補う努力をし

強みは全面的に押し出して差別化をしていく

などなど…

 

日本語がとても流暢な社長なので

検品とは全く関係のない話をたくさん聞いてしまいました。

 

本当に勉強になる。

 

 

あと何年かしたら日本の中途半端な工場はもうやっていけないだろうな…

我々には我々の強みがあるッ!!なんて中途半端なものではダメだな

強みをもっと理解してもっともっと突き詰めなければ

ダメだわこりゃ…モリカグももっと頑張らないといけませんね。

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!