特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

家具の打合せの様子

本日は工場検品です

本日は来週納品予定の家具の検品にお客様が工場にいらっしゃいました。

毎回納品の度に検品はあるのですがいつやっても緊張感がありますね。

これは慣れることが無い。

 

 

 

 

 

 

今回は塗装前の段階で検品していただきました。

小口の面の取り方など細かい所を重点的に確認!!

 

面の取り方で家具の雰囲気がガラッと変わるのでここはいつも慎重に作業しております。

ピン角にすればカチッとした感じで尖がった印象になるんですが

大勢の方が使用する家具では怪我をする可能性もありますし

ゴリっとR面取りしてしまうとぶつけても痛くないので安全ではあるんですが

キッズコーナーに置いてあるような雰囲気になってしまう

 

ここはデザインのこだわりと実用性のこだわりのせめぎあい…

お客様によって全く指示が変わるので我々も苦労するポイントであります。

 

 

今回も細かく指示をいただきまして面取り仕様を決めまして検品完了ッ!!

大きな変更も無くいよいよ来週から塗装作業に入ります。

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

アクリルのパーテーションで悩む

ニューノーマルっていうんですか?

新生活様式っていうのか??

これからのインテリアにはコロナ対策が必要条件になっております。

 

その一つがアクリルのパーテーションです。

店舗・オフィス・病院など今では当たり前のように設置されています。

ネットでもいろいろなパーテーションが販売されております。

 

これまでのパーテーションは緊急性が高く機能性重視の物が多く

今まで使用していたカウンターやデスク・テーブルに設置するものなので

置き式が多かったのですが

これから製作する家具や什器等に設置するパーテーションには

機能性はもちろんですが意匠性も求められておりまして…

ただ単に置くだけでなくインテリアの一部として考えなければならないッ!

訳ですが~

 

これがまたいろいろと考えること沢山でして…

 

アクリルのパーテーションを意匠の一部に組み込む為には

穴を開けたり溝を彫ったりと家具をカスタマイズするわけです。

このアクリルのパーテーションはコロナが終息した後も

永続的に使用されるものなのかッ!?問題が勃発ッ!!

 

もし将来的にアクリルのパーテーションを撤去する場合

開けてしまった穴や掘ってしまった溝はどう処理するかッ!?

 

カッコいい置き型パーテーションにすればいいじゃんッ!?

って話なんですが…

 

いろいろと悩んでおります。

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

滞在時間三時間

本日は現場の寸法を測りに愛知県刈谷市の現場に行ってきました。

 

通常なら新幹線を利用してピューッ!!と行くところなんですが

緊急事態宣言が解除されたとはいえ電車移動は控えたいッ!という事と

3人で行くなら車の方が格安だろう…

という事で片道4時間の弾丸現調ツアーをしてきました。

 

 

 

 

 

 

遠距離現場の場合は一泊してご当地グルメを食べるとか温泉に入るとか

少なからず観光気分が入るのですが…

今回は途中休憩で立ち寄った岡崎SAの「矢場とんの味噌カツ定食」のみッ!!

それ以外は観光気分ゼロで現場直行です。

 

13時より現調開始し現地の大工さんと監督とザックリ打合せして

「あとはzoomでッ!!」という事で滞在時間わずか3時間で東京にとんぼ返り。

 

帰りは帰りでどこかのSAでご当地グルメでも食べて帰ろうかッ!!って思ったんですが

昼食の「矢場とん」が殊の外腹持ちがよく

「早く帰ろうか…」って雰囲気になりましてまっすぐ帰ることにした次第です。

 

 

久々に遠出したのに真面目に仕事だけして帰るって…

 

ちょっとくらい遊び心が無いと…やってられません。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!