特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

意識高い系

2017 ヨーロッパの最新金物情報と突板の可能性

東京都家具工業組合主催のセミナーに参加してまいりました。

 

第一部:ハーフェレによる『ヨーロッパの最新金物情報』

第二部:安多化粧合板の安多社長による『突板の可能性』

という二部構成でした(第三部は懇親会です)。

 

 

 

【第一部:金物の最新情報】

 

 

 

 

正直・・・金物の進化に追いつくのに必死です。

普段使用する金物というのは『かゆい所に手が届かない!』というものばかりなんですが

今回紹介された金物は気持ちいいくらい手が届いているッ!

『こんな金具があったんだ!』の連続。

ハーフェレ一社でこの状態です。

ブルムやらなんやらを考えたら・・・どうしたものかッ!?

ちょっと真面目に金物勉強しなければならないですね・・・

 

 

 

 

【最二部:突板の可能性】

 

 

 

 

安多社長のお話を拝聴するのは今回で二度目。

前回はキッチンアカデミーの研修で工場までお邪魔して

突板貼り体験をさせていただきました。

今回も色々とお話いただきましたが私の記憶に残っているキーワードは

『背景』と『ハンドクラフト』。

『背景』に関しては前回も書いたので今回は『ハンドクラフト』という言葉について。

 

世の中は『ハンドメイド』・『オーダー』という言葉が溢れているけど・・・

『手で作っただけでハンドクラフトっていえるのッ!?』というお話。

 

これには『ハッ!』としましたね・・・

 

単純に手作業っていうだけで『ハンド~』といえない。

『相手を想って作る』からこそハンドメイドといえる。

 

確かに・・・常日頃『ハンドメイド』って言て商品画像が並んでいるHPみると

『なんか嘘臭いな』と思っていた私の心にストンと落ちてくるお話でした。

 

 

 

 

 

第3部でも少し安多社長とお話をさせていただきましたが・・・

なんとッ!工場を牧場化するそうです。

やっぱりこの人は突板屋じゃない!と確信する。

 

いやぁ~でも今回も勉強になりました。

『いつも勉強ばかり・・・お前ッ!学んだこといつ活かすんだよ!!』

と反省しながら酒を飲み気が付けば午前様でした。

 

毎度の事です。

 

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします

すごいね!これ!

先日お祝い返しに頂きました・・・

 

 

このマンゴーッ!!

中身はゼリーなんです!!

 

 

非常に美味しゅうございました。

 

私が食べたのはマンゴーでしたが

他にもスイカ・もも・メロンといろいろありました。

 

 

こういうアイデアみると微妙に刺激をウケる。

 

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします

研修③突板について

3番目のテーマは『突板』についてYASUTAさんがお話をしていただきます。

 

今回我々がわざわざ大阪に行ってまで参加したのが

このYASUTAさんにお会いする為と言っても過言ではない・・・

翌日工場見学もさせていただけるということでテンションMAXです。

 

 

 

ここからはセミナーで代表の安田さんがお話してくれた内容をメモしたことを

ツラツラ書いていきます。

 

 

 

 

 

 

・丸太から突板になるまでの製造工程

→100度で1週間煮る。煮方によって色が変わる

これを業界ではクッキングという

→突板になれる木は優秀な木である

→ウォールナットの木内部には異物混入が出ることがある(→物語のある材料)

 

・家具単体のデザインだけでなく建築全体の景色として木目をつかう

→空間全体をみて木目のインパクトを意識する

風景をつくる家具

インテリアとしての家具

 

・ストーリーを求める

→3800年間湖底に沈んでいた材料を突板でつかう

→表現を変えてみる

ウォールナット=くるみ

チェリー=さくらんぼ

→マロニエの木(シャンゼリゼ通りに生えている木)は馬が大好きな実をつける

昔の交通手段である馬車の馬の為に植えた言わば昔のガソリンスタンド的な木

昔の都市計画が垣間見れる

→ウォールナットの木の中には銃弾が入っていることがある

昔のカウボーイたちが的代わりにしていた木がウォールナット。

 

・井の中の蛙にならないように

→国内・海外を問わず世界の建築を見ることが大切。

世の中のトレンド・風景を感じる

 

 

 

まだまだ沢山のお話を聞かせて頂きましたが今回はここまで。

 

 

 

YASUTAさんの取り組みはもはや突板屋の領域を超えている。

材料の原木を入手する為に自ら山に入り伐採しているという。

・・・突き抜けすぎている。

 

そして、安田さんの話の中で印象的だったのは

自らの仕事の流れを料理人に例えて話されるところです。

ただ料理人でさえ自分で食材をとりに行く人なんて珍しいでしょ??

尖がりすぎて私には痛いくらいです。

 

 

 

私はセミナーや講演会などを聞いてもあまり人に影響されるタイプではないのですが・・・

今回は久しぶりに刺激を受けちゃいました。

 

きっとこういう人が情熱大陸に出るんだろうとおもう。

熱い人でした。

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします