特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

躾と虐待の境界線

最近SNSでよく見かけます渋谷駅で子供に廻し蹴りを繰り出す母親の動画。

 

 

あれ見ると非常に複雑な気持ちになりますね・・・

虐待で犠牲になった子供たちのニュースを見るたびに精神的にブルーになります。

どの事件よりブルーな気持ちになるのでなるべく見ないようにしております。

 

アメリカでは子供を叩いたりすると逮捕されるようです。

そこまでは・・・さすがにやりすぎだとは思いますが

いづれアメリカ基準が日本基準になる日も来るのでしょうか??

 

 

よその話はともかく・・・我が家はどうかと顧みる次第です。

比較的体育会系で育った私は体罰というのは日常といいましょうか

言ってわからない奴は体で覚えさせる!!

・・・いわゆるボディランゲージが主流です。

 

我が家の三男雷ボーイY君はまったく日本語が通じなくなるときが

よくあるのでそんな時、私となんも専務はボディランゲージでY君と会話します。

 

 

 

愛のある暴力は躾!自分勝手な暴力は虐待!と誰かが言っていたような気がしますが

これはあくまで暴力をふるう側の見方。

暴力をふるわれる側どう思うかが大切なんだと思う次第ですが・・・

私自身・・・殴られたときに愛を感じたことは今まで一度も無い。

がッ!しかしですね~

大人になって後で考えるとそのときの環境に感謝したりすることがある。

 

 

何が言いたいのか・・・

Y君にはいつかのボディランゲージが愛情たっぷりだったことを

いち早く気づいてもらいたいということと

自分の子供たちに対してはもう・・・手をあげるようなことはしないようにしようと

心に誓った次第であります。

 

引っ叩くと親は楽ですからね・・・もう楽するのはやめにしよう。

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします

コメント

コメントをお寄せください。

コメントの投稿

*

* コメントフィード

トラックバックURL: http://morishita-1910.jp/blog/2014/07/%e8%ba%be%e3%81%a8%e8%99%90%e5%be%85%e3%81%ae%e5%a2%83%e7%95%8c%e7%b7%9a/trackback/