特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

読書感想文

『空飛ぶタイヤ上・下』

 

 

 

51oYmYu0LVL._SY346_ 51Gn+b6RRAL._SY346_

 

 

 

『下町ロケット』をTVで見て感動していた頃

池井戸潤というひとはロケットの他にもタイヤも飛ばしてたんだ〜

くらいの気持ちで読み始めましたのがこの小説です。

零細企業の社長の心情を面白いくらい描写している

私が読書をするきっかけになった本です。

 

 

 

内容としてはそんな簡単な話ではなく「自動車のリコール隠し」が題材の本。

結構重たい内容です。

重たいけど面白すぎて一気に読める本です。

 

 

 

『名門の名を汚すのはリコールじゃない。不正なんだ。』

 

 

 

という一文は印象的。

隠蔽なんていいはずが無い!と思っていても

いざっ!問題が発覚して『どう対応するかッ!?』

と迫られたら自分ならどうするかッ!?

「これで良い訳が無い!」と分かっていても

会社の都合やらなんやら考え出して色々と天秤にかけてしまうのだろうか?

本当は天秤にかけた時点でアウト~なんだろうけど・・・

 

第三者からみれば「隠蔽は悪」っていうのは当然の話しなんだけど

本当に自分がそういう立場になったらどうするかッ!?

これって小説の中の話だけではなく

いつ自分の身に降りかかってくるか分からない話。

 

登場人物のどちらの立場に立ってもリアルに考えさせられる話し。

 

何が一番大事なのか?をちゃんと理解していないと対応を間違える。

様々な謝罪会見をTVでみてきたが…

いざその時ッ!自分なら何をするかッ!?

その時に冷静な行動を取れる自信が無い…

今冷静な時にメモでもしておこうか?

 

なんか…謝罪するときどうしよう?って話になってますけど

基本的に謝罪のないような会社経営をしていくつもりです。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

『鉄の骨』

 

 

 

 

 

 

ビジネス本が続きましたが…久々に池井戸潤です。

これは私が公共事業を目指そうとした時に読み始めた本です。

 

談合の話です。

 

「建前の世界と本音の世界」

「視点が変われば視野が変わる」

「伝統を大切にする事と伝統に縛られることは別問題」

「作法を知らないのと礼儀を知らないというのは違う」

 

いろいろと心に響く文章が多くて困ります。

 

 

 

 

この本を読んで思うことはただ一つ。

「強い会社にしなければッ!!その為には強い組織にしなければッ!!」

であります。

 

 

 

多くは語りません。

 

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

『上杉鷹山の経営学』

 

 

 

 

 

ビジネス本三部作とでもいいましょうか…本日もビジネス本です。

ほんとに普段ビジネス本なんて読まないんですけどね〜

 

 

学生の頃

筒井道隆が主演してドラマをやっていたことがあって興味を持ち

読んだ本が人物文庫というところから出版された「小説 上杉鷹山」でした。

まだ高校生だったのでドラマを見るように読んでいましたが

この本は経営学的に「上杉鷹山」がどのような改革を実行したのかを解説した本です。

 

小説ではなくビジネス本です。

 

 

他家から来た養子の殿様が改革をする。

まるで二代目経営者というか・・・

よその会社で働いていた社長の息子がいよいよ会社に入ってきて

なんかいろいろやろうとしてるよ!的な雰囲気がちょうどいい表現か?

ちがうかッ!?

 

誰の為の?何の為の経営改革か?

テクニックや仕組みはもちろん大事だけど「愛と信頼」が根底にあり

徳の政治に置きそれを経済に結びつける。

 

ちょっと何言ってるかわかりませんが・・・

 

きっと経営者の鑑的な発想であります。

 

ザックリ言うと要は「組織は人」というニュアンスでしょうか??

「藩主は領民の為に仕事をする存在であって領民は藩主の為に存在するのではない」

「改革とは、民富が目的で、藩が富む為ではない」

という一文にも現われていますか?

今では当たり前のような考えですが(当たり前じゃない人もいますけど…)

当時としてはありえない考え方だと思っております。

 

ありえないというのが常識の世の中でも

改革に協力することが自分たちの幸せにつながると言うことを

庶民が理解しているから人々は改革に協力し勤しむ!!

 

単純に人(社員)が大事って話ではないのだけれど

やっぱり人は大事だよね!!ッて言う話しなのかなと思っております。

ザックリしすぎではありますが…そんな感じかな?

ちがうかッ!?

 

 

経営者ならば一度は読むべき本だと私は思います。

 

私は一度では理解できなかったので

あと数回は読み直すつもりです。

 

とりあえずもう少し時間をおいてもう一度読みます。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!