特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

船堀のビッグダディ

ナンパされる娘たち・・・

先日の事。

 

自転車の特訓をする為に子供たちと市内にあります交通公園に行きました。

 

周りの子供たちは補助輪なしでバンバン乗り回しているので

端っこの方で特訓です。

それはそれは地味な特訓です。

特訓に飽きたら補助輪付き自転車にのって2~3週コースを流して

やる気になったらまた特訓するという感じです。

 

しばらく練習していたら猛スピードを出した少年が娘の前で急ブレーキで止まり一言

 

 

 

 

『ね~ッ!ドリフトってやったことある??』

 

 

 

 

娘は突然現われた少年に『ドリフト』と訳のわからない事を言われてポカ~ンとしてます。

 

一連の流れを横で見ていた私。

はッ!?っと気づく!!

これはッ!?ナンパですかっ!!

このクソガキッ!!うちの娘をナンパするとは10年ッ!?イヤ20年早いッ!!!

 

 

悪い虫には殺虫剤を噴射!!

 

 

撃退です。

 

 

最近の子供は油断できない!!

 

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします

GWのリベンジッ!潮干狩りへッ!

やる気マンマンで家を出るものの潮干狩り会場の近くにも寄れなかったGW

シーズンではあるものの今日は普通の日曜日ッ!

『今日は大丈夫だろう』と行ってみたんですが・・・

 

 

 

TVで見た事がある人の数・・・

 

 

 

今回はさすがにGWほどではなかったんですが・・・まず駐車場が無いんです。

警察も見て見ぬ振り状態路上駐車の嵐です。

私がどうやって駐車したかは内緒です。

 

ようやくの思いで会場に入るものの物凄い人の数に圧倒される。

これだけたくさん人がいて貝残ってるのかッ!?と思うほど

係員の人にどの辺に貝がいるのかを確認して・・・

 

 

 

いざっ!

 

 

 

熊手を砂にさしガリッとする感覚がして見つかったッ!と思うと貝殻ばかり・・・

『ぜんぜん採れない』と落胆していたんですが

次第にコツをつかんできて濡れるのも忘れて夢中に採り続ける。

 

写真係の私も必死に採り続ける。

一つ見つけるともう一つ欲しくなる

こっちは採れたから今度はそっちに行ってみよう!と夢中になる

 

掘り続ける事2時間

 

 

 

 

 

家族5人でアサリ2.2キロの釣果でございます。

これだけの人がいてよくこれだけ採れたなぁ~と感動する。

最後の方は子供より大人が夢中になるほど楽しくなる。

 

 

何気に・・・私も人生初めての潮干狩りかもしれない。

サンダルで行くとか・・・

カバンはリュックがいいとか・・・

塩抜きに海水が必要だとか・・・

貝を運ぶ時は水を抜くとか・・・

潮干狩りに関するノウハウが全く無いので貝を採った後の段取りがダメダメです。

 

せっかく潮干狩りができる公園の近くに住んでいるのだから

潮干狩りマスターを目指すのもいいかもしれない。

 

 

母の日に潮干狩りで採りましたアサリをもって実家に行く子供たち。

どうやら今夜は私を抜いた兄弟家族が実家に集結して宴を催す模様です

 

日曜の夜は私はテニスレッスンなので不参加・・・ということらしいです。

 

 

 

 

画像の妙な加工は妻から『私の姿は消せ』との申し出でにより処理いたしました。

 

 

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします

なんで花筏って言うんだッ!?

本日は私の地元千葉県市川市に流れます真間川の桜を見てまいりました。

 

 

 

市川消防署前の橋の上からの風景

 

 

 

私個人的にこの風景を市川市の千鳥が淵と呼んでましてね・・・

色々な桜の名所ありますけどここが一番好きかも知れない。

人も近所の人しか来ませんしね静かに見れます。

 

ただね・・・この川少々臭いんですよ。

これでも私が小学生の頃から比べればだいぶ良くなったんですけどね・・・まだ臭う。

だからこの桜を見ながらお食事している人はすごいと思う。

 

それでも川面に向かって桜が覆いかぶさるような姿は圧巻です。

市川市もこんな風景をもっと活用すればいいのに!!と思う。

でも人が沢山来すぎたらここの良さがなくなっちゃうかな??

 

肝心の桜の方は・・・残念ながら本日はだいぶ散ってしまいまして

川面に沢山の花びらが流れておりました。

 

 

 

 

 

先日TVで『川を流れる花びらをなんと呼ぶでしょう』という三択問題がありました。

 

子供たちは『花絨毯(じゅうたん)』を選択し

『だってじゅうたんみたいだもんね~』なんていいながら不正解と知るやいなや

『イカダってなんだ!!』と大騒ぎ。

『舟みたいなもんだよ!』といっても『舟の事なんでイカダっていうんだ??』と

小学生あるあるみたいな問答を繰返したのですがイマイチ納得しなかったガールズ

 

花びらが川を流れる様子を実際に見て

次女は『あぁ~笹舟の花みたいなやつね』どうやら納得した模様。

長女はそれでも見た目は『じゅうたんみたいじゃないかッ!』とご不満の様子。

長男は『ね~おと~さん!どうして冷蔵庫は電気入れると冷たくなるの??』

と意味不明な質問を桜の前で投げかけてくる・・・

超文系で直感で生きているタイプの私にはこの難問は即答できず。

宿題という事でその場を乗り切る。

 

 

桜を目の前にして思う事三者三様。

 

 

それにしても・・・なぜアイツは冷蔵庫が気になったんだッ!?

 

 

 

ランキングに参加しています! ワンクリックに御協力お願いします!

 ど~かひとつ!一日ワンクリック!!!お願いします