特注家具・オーダー家具の株式会社森下 ~ 船堀の家具屋ブログ ~

オーダー家具・特注家具の株式会社森下 〜 社長ブログ 〜

読書感想文

帰ってきたヒトラー

GWはステイホームで映画三昧ッ!!

ということで6本目に見た映画がコチラッ!

 

帰ってきたヒトラー

 

 

まず最初に思ったことは「よくこんな題材で映画が作れたなッ!?」です。

パロディ映画かとおもって軽い気持ちで見てたんですが~とんでもないッ!

一部ドキュメンタリー映画なのかッ!?と思うくらいシリアス。

でもやっぱり滑稽に見えるのでちょっと笑ってしまうんだけれども

「このテーマで笑っていいのかな??」と遠慮してしまう。

非常に難しいというか面倒なテーマでそれなりの知識が無いと笑えない。

 

 

難しいテーマではありますがここ数年で見た映画の中で一番面白いです。

 

 

最初は真面目に話しているヒトラーが滑稽に見えてニヤニヤしながら見ているんだが

話を聞いているうちに真剣に聞き入ってしまい

気が付いたら引き込まれてしまっている。

映画だからこの程度で済んでいるが当時の国際情勢や経済状況を踏まえて

あんなに熱い指導者が現れてこんな演説をされてしまったら…

と考えるとゾッとする。

 

今の世の中ではもうヒトラーみたいな事出来るわけないだろッ!と

思う人もいるかもしれないが…

思い出してみると『小泉劇場』とよばれたあの一連の世の中の動きは

まさにこれに当たるのではないだろうかッ!?と一人想像してみる。

 

 

この映画を通して色々と「知っているつもり」だったが

実はちゃんと知らないことがたくさんあるという事を思い知る。

改めて色んなことをちゃんと勉強しようと思い手始めにYouTubeで

『ヒトラーがどうやって台頭してきたのか』という世界史の講義を見てみました。

非常に興味深いッ!!

 

しばらくヒトラーに関する作品を中心に見ることにいたします。

 

 

以下メモ

 

 

『彼らは選んだッ!明確に道筋を示す指導者をッ!』

『変革が必要なのだッ!指導者は明確な責任を持たなければならないッ!』

『信念の確固たる基盤があれば常に正しい結論を導き出すことが出来る』

 

というセリフにもしびれる。

そして…

 

『TVはこんなに薄いッ!人類の発明の才は驚くべきものだッ!

だが映る番組はどうだッ!?…クズだッ!!』

 

 

でグッと引き付けられます。

言葉の一つ一つに説得力がある。

 

 

広告活動が非常にうまく熱意のある演説が有名というのは知っていたが

ヒトラーがどうやって民衆の心をつかんだのかッ!?というのは興味がある。

こういう宣伝の仕方をプロパガンダって言うらし。

 

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

JOHN WICK

GWはステイホームで映画三昧ッ!

ということで連休中はたくさん映画を見ることにいたしました。

 

今回見た映画は…

 

 

JOHN WICK三部作ですッ!!

 

 

4作目もあるらしいのですが…今回はこの3作です。

 

裏社会で生きてきた男が一人の女性のために表の世界に戻ってきたはいんですけど…

犬と車が発端で裏社会に引き戻されるという

なんとも短絡的といえばそれまでですが~わかりやすいアクション映画です。

 

ただジャッキーチェン育ちの私としてはこの映画のアクションは

激しすぎ…といいますか

騒々しい…といいますか

色々大変です。

 

そしていろいろと突っ込みどころ満載ではありますが

寿司屋のシーンできゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が

流れて来た時は何かの間違いかと思いました。笑

 

ルールを守らない奴は追放されるという厳しすぎる裏社会ルール。

表社会に生きてはおりますが

私もルールはしっかり守らなければと思う作品でした。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!

『一流を育てる』

 

 

 

久々の読書です。

 

今回は同じ家具屋の社長が書いたビジネス本です。

TVや新聞などによく紹介されている会社でご存じの方も多いと思います。

丁稚というシステムで一流の職人を育てるという会社でございます。

 

色々な考え方があって丁稚というやり方を批判される人も多いと思います。

正直なとこ私も丁稚というやり方は批判的な考えです。

批判的な考えではありますが人を育てるという点においては

私よりも遥かに実績のある方なのでなにか参考になるものは無いかッ!?

と思いまして今回この本を読ませていただきました。

 

内容としては…

この社長が職人として人として何が重要なのかッ!?というモノを

「職人の心得」として30ヶ条にしたものを紹介しているものです。

半分以上何言っているのかよくわからなかったんですが

重い想いの詰まった30か条だったと思います。

 

「仕組みが大事なんだよ」というような事なのかな?と

何となく私なりに勝手な解釈をしております。

大事なのは私が何を求めているのかッ!?

どういう会社にしていきたいのかッ!?

という事を明確に文章にしなければならないし

文章にしたことをどうやって周知させ行動に移すかという事なんだろうと

私の足りない頭でそう理解致しました。

 

現状を振り返り…

技術面ばかり追い求めていた気がします。

そろそろこの本でいうところをの人間性をもっと考えていくタイミングなのかな

と考えています。㈱森下も新たな段階に突入です。

 

その辺を踏まえまして新たな評価制度を考えていきます。

 

 

 

オーダー家具・特注家具の株式会社森下のYouTobeチャンネルはコチラ!